スタッフブログ

スタッフブログ

明治時代に作られた鉄道橋

『碓氷峠鉄道』

通称

~めがね橋~

1

現地に行って吃驚!!

想像より、かなり迫力があります!(^^)!

2

通称「めがね橋」として親しまれている煉瓦アーチ橋で

径間数4・長さ91m・高さ31mで、わが国最大の煉瓦

づくりアーチ橋です。明治25年に完成しアプト式鉄道

を支えてきましたが、昭和38年新線開通に伴い廃線と

なりました。平成5年には国の重要文化財に指定され、

平成13年廃線敷を利用した遊歩道「 アプトの道 」と

して整備され現在は橋の上を歩くことができます(^^♪

3

200万個以上のレンガで建造されているみたいです(^^;

道理で迫力があるんですね(@^^)/~~~

4

急こう配の階段を上がり、橋の上にたどり着きました💦

~遊歩道「 アプトの道 」~

5

次駅までの距離(*_*;

アップダウンがキツイ「アプト遊歩道」を

歩くには少し遠すぎます(;^_^A ・・・・

でもここまで折角来たので、歩いみることに。

当然、選択したのは近い駅の「旧熊ノ平駅」

6

トンネルもレンガ造りです

明治時代の建造物が、安中市の山中に

今も息づいていることに驚きです(^^;

7

トンネル入口まで来て、

『怖い…..』

と思ったのは私だけでしょうか?

レトロな雰囲気全開です…..

8

勇気を振り絞り歩き出しましたが、

夕方近く

誰一人観光客がトンネル内に居ない

&

トンネル内の照明が暗い(~_~;)

&

写真では中々伝わりづらい、かなりの上り坂

で、

100mで断念(泣)

Uターンしました(;_;)/~~~

9

トンネル散策は断念し、下山しましたが、

めがね橋、やっぱり迫力ありますね(^^♪

先日、ブログで紹介したK様の車が復活しました!(^^)!

転落

購入して1週間で、ご覧のあり様でした💦

が、

お打合せ時にK様が運転してきました(^_-)-☆

復活

復活(^^♪

室内の造作工事が完工しました(@^^)/~~~

キッチン

ハウスクリーニング作業中です(^^)/

遠目からの撮影なので分かりづらいですが、

一見、黒色のアクセントクロスにみえますが、

ラメ調クロス仕上げで可愛いです(^_-)-☆☆

リビング

写真左側の壁面がリビングの折り上げ天井になります(^^

写真右側の壁面がニッチ設置箇所になります( ^^) _U~~

残すところ、

ビルトインガレージ工事

外構工事となりました^^

竣工前ですが、

販売説明会を現地にて開催中

&

ショールームでの説明会も開催

しておりますので、

お気軽にご予約ください(^_-)-☆

~イースタイル吹上駅西の家part.Ⅱ~

の現地所在地番は、

名古屋市千種区千種一丁目29番13号

になりますので現地にも是非、足を運んで下さい。

案内図

ご案内希望の方は弊社までお問合せ下さい(^^♪

今週、足場・養生ネットが外れ、

建物全容が顔を出しました!(^^)!

外観①

スマホ撮影なので建物全体が綺麗に収まっていませんが💦

外観②

バルコニー部分の外壁材は、塗り壁(ジョレパット)で、

スタイリッシュなアクセント仕上げになりました(^_-)-☆

パース

完成イメージパースより実物は

雰囲気良く仕上がりました(^^♪

竣工前ですが、

販売説明会を現地にて開催中

&

ショールームでの説明会も開催

しておりますので、

お気軽にご予約ください(^_-)-☆

~イースタイル吹上駅西の家part.Ⅱ~

の現地所在地番は、

名古屋市千種区千種一丁目29番13号

になりますので現地にも是非、足を運んで下さい。

案内図

ご案内希望の方は弊社までお問合せ下さい(^^♪

室内空間演出の大切なツールの一つ!

建具(@^^)/~~~

kamiyaドア1

扉の中央全面がガラス仕上げなのでフォルムが綺麗(^_-)-☆

床と天井を繋ぐドアの「壁面化」を

コンセプトに作られている建具で、

~kamiya 神谷コーポレーション~

『フルハイドドア』

Eーstyleシリーズ

kamiyaドア2

個人的に気に入っている理由は、

デザイン性はもちろんのこと(^^)

これだけガラス面積が多くても、

長年使用していも歪(ひずみ)が

起きない構造に魅かれます(^^♪

あと、

Eーstyle(イースタイル)

という名称にも魅かれてます(^^♪♪♪