ホーム > イー・スタイルについて > 中古物件のご購入

中古物件には、大きく「中古建物・土地」と「中古マンション」に分類されます。
それぞれの検討時のポイントをご紹介します。

中古建物・土地の場合

最大のメリットは好立地や好条件の土地、ほぼ土地の価値のみで購入できる点です。
また将来建て替えるという手段もあります。さらに比較的安価で購入できるので、
リフォーム・リノベーションをすることも可能です。しかし耐震改修の必要な物件もあり注意は必要です。
なかにはお勧めできない住宅があるのも事実です。
当社では、物件の概要を見極めながら、お客様のご希望を叶う物件をご提供しています。

中古マンションの場合

不動産購入が初めてな人でも購入しやすいのが、中古マンション。
メリットは購入金額と途中での売却する金額が大きく違わないことが多いため、
賃貸に住んでいるより結果的に安いという点です。
新築のマンション購入の場合、売却する際に金額が購入時より下がりやすく、
かつローン返済が残るというケースが一般的ということも押さえておくべきポイントです。
一方、将来の環境の変化への対応、収納力、広さといった点で物足りなさを感じることもあるでしょう。
リフォーム・リノベーションをすれば、見違えるほど良い物件に生まれ変わります。